オンラインカジノは詐欺が行われにくい厳格なライセンス制度

オンラインカジノは詐欺が行われにくい厳格なライセンス制度
オンラインカジノというとネット、賭博というイメージからイカサマが横行しているという印象を持っている方も少なくありません。
しかし、実際は国家や自治体が定めた厳格なライセンスによってそういったものが行われないようになっているのです。
加えて、ゲーム自体にも自主規制を行うべく第三者機関の認証を受けて、イカサマが出ないようにしています。

そんなクリーンな面について説明していきましょう。
もちろん、そんな中でも注意すべき点、詐欺と思えるような点もあるため、そういった面にも触れていきます。

オンラインカジノの営業を認可するライセンス

オンラインカジノは、どこでも無許可で営業できる。
ネット社会の自由度の高さから、このようなイメージを持っている方がとても多いのは残念ながら事実です。

しかし、オンラインカジノを営業するためには、政府や自治体の発行するライセンスが必要であり、ライセンスを持たずに営業をしているのは詐欺とみて良いでしょう。
代表的なものとしてマルタ共和国、キュラソー、ジブラルタル、これ以外にもフィリピンや自治体のマン島、カナダのカワナケと言ったところで発行されたものがあります。
マルタ共和国は地中海の島国です。

この国で発行されたライセンスは、厳しい基準を受けているものが多く、日本のユーザーが利用する大手のオンラインカジノなどが認証を受けています。
ライセンス維持費が高いため、ある程度の資本がないとライセンスを維持できないという点も信頼できる証です。
オンラインカジノの営業を認可するライセンス
キュラソーは中米のカリブ海に浮かぶオランダの自治政府になります。
こちらは政府が認定するマスターライセンスホルダーと呼ばれる組織が認定を行い、直接自治政府が発行する形ではありません。
そういた形式をとっているので、ライセンスの厳しさは若干緩いといわれています。
その分、斬新なアイデアを持った新興のオンラインカジノも認証されやすいので、意外と魅力的なオンラインカジノが認証されています。

ジブラルタルは、地中海と大西洋を結ぶ入口の部分であり、イギリスの飛び地です。
ここでは自治政府が置かれており、母体の企業に実績がないとライセンスが発行されません。
そのため、このライセンスを持っているオンラインカジノもかなり信頼性が高いといえます。

このほか、日本人ユーザーがあまり目にしないライセンスもあり、実際のカジノで高い実績があるフィリピンが発行するライセンスやイギリスとフランスの間に浮かぶイギリス王室属領のマン島が発行するライセンス(世界一厳しい)が有名です。
また、ネイティブアメリカンが運営する自治区カワナケが発行するライセンスがあります。
日本人ユーザーがあまり見る機会はないもののイギリス本国が発行するライセンスもあり、これはイギリスのオンラインカジノが認証を受けているライセンスです。

このように様々な国や自治体が、オンラインカジノの健全な運営に対してライセンス発行という形で目を光らせています。

イカサマが出ないようにするための第三者機関

イカサマが出ないようにするための第三者機関
オンラインカジノの運営自体はライセンスという形で詐欺やイカサマが行われにくい体制が取られています。
しかし、ゲーム自体までは公平性が保たれているか審査するには技術的な問題もあって困難です。
そんなゲームに対するイカサマが起きないようにゲームの製造会社に対して第三者機関が認証を行っています。
具体的な組織としては、eCOGRA、TSTが有名です。

eCOGRA (イーコグラ/eCommerce and Online Gaming Regulation and Assurance)は2003年にイギリスで設立された審査機関で、ゲーム内容はもちろんのこと運営体制など、ライセンス発行を行う行政のような審査も行います。

そしてサイトで結果を公表している透明性の高い審査機関でもあります。
TST (テクニカルシステムズテスティング/Technical Systems Testing)は1993年に設立されたゲームに関する様々な審査を行う機関です。

この機関が審査するものは、主にゲーム内容ですが特化しているだけあり、非常に細かな点まで審査を行います。
このようにライセンスが行き届かない場所に対してもこういった審査が行われており、安心してプレイできる環境の整備がされているのです。

システムはクリーンでも注意すべき詐欺に近いトラブル

ライセンスや第三者機関の審査をクリアして、晴れてオンラインカジノを開場できるというのが現在のトレンドです。
しかし、そんな中でも詐欺に近いトラブルに遭うことが珍しくありません。
それは主に出金に関するものです。

出金トラブルの代表として、出金上限が非常に低くなっている場合があります。
そのため、一度に大勝してもすぐには全額出金できず、しかもセキュリティという名目で、出金完了するまで次の出金が行えないというものもあるのです。
現在は、ほとんどありませんが、出金自体できないという詐欺的なものもありました。
このようなトラブルもあるので、出金上限の確認や一日に出金できる金額などをチェックしておくことも重要です。

ボーナスを受け取ると出金条件が非常に厳しくなるケースもあります。
ボーナスを全て消費しないと出金できないというものです。
これは、意外と現在も目にすることがある詐欺に近いトラブルと言えます。
喜んでボーナスを受け続けたら、出金が実質不能になってしまうということもあるため、ボーナスの取得条件は厳しくチェックしておきましょう。

出金条件をきちんと確認すればクリーンな娯楽

オンラインカジノは、行政(またはそれに準ずる組織)が発行するライセンスと第三者機関による審査を受けて運営が行われています。
そのため、システム自体はとてもクリーンで、イカサマや詐欺が行われにくい環境でもあります。
ただ、出金条件に制限がついていたり、出金が難しいケースがあるので、プレイする前に出金の条件をしっかり確認しておきましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です