エコペイズにクレジットカード以外で入金する方法

しばらく前までは、クレジットカードを使ってエコペイズに入金できましたが、今は諸事情によりクレジットカードは使えなくなっています。
これはエコペイズ側の問題ではなく、クレジットカード業界の都合によるもので、世界的な風潮から利用規約が変わってギャンブル目的への仕様が禁じられたからで、これからもこの規約が覆ることはないと考えられます。

クレジットカードは使えませんが、エコペイズにはほかにも多様な入金方法が用意されていて、簡単に入金を済ませることが可能なのでご安心ください。
ここではエコペイズに、クレジットカード以外で入金する方法をいくつか紹介していきたいと思いますので、ぜひ参考にしてくだい。

お手軽でおすすめなローカル銀行経由の入金

お手軽でおすすめなローカル銀行経由の入金

指定された日本の銀行口座に振込むことで、自動的にエコペイズのアカウントに金額が反映されるのがローカル銀行入金です。
やり方は三井住友銀行にあるエコペイズの口座に、必要な金額を振込するだけで、銀行間での振込手続きをやったことがある方なら、迷わずできる入金方法です。
注意すべきは、この入金方法を使うと5%の手数料が発生することで、仮に20,000円を入金したい場合は手数料が差し引かれることを考慮し21,000円を振り込む必要があります。

これ以外にも銀行側に支払う振込手数料も発生するほか、日本以外の口座に入金した場合は為替手数料も1.25~2.99%加算されるので注意が必要です。
入金は基本的に即日反映されますが、最大で3日ほどかかることもあるので覚えておきましょう。

仮想通貨を使った入金は手数料が無料

仮想通貨を使った入金は手数料が無料

ビットコインをはじめとする仮想通貨が急速に普及していますが、エコペイズもこれに対応しており仮想通貨による入金も可能となっています。
多くのオンラインカジノが仮想通貨による支払いを導入していますが、対応しているのはビットコインだけというオンラインカジノが多いのが現実です。

一方、エコペイズはビットコインを含む9種類という豊富な仮想通貨を使用可能で、しかも手数料が無料となっています。
仮想通貨を入金に使用する際の注意点ですが、常にレートが変動していることもり、入金のタイミングによっては、エコペイズに反映された金額が思っていたより少なくなったり多くなったりすることもあります。

高値を付けているときにタイミングよく入金するのが理想ですが、正確な予測は不可能なので、大暴落する可能性も踏まえ、使用するにはある程度の仮想通貨に対する知識が必要となってきます。

ポケットチェンジ入金で電子マネーを使う

ポケットチェンジとは、海外旅行などで余った外貨を電子マネーに変換するサービスで、空港や駅などに設置された端末を使います。
日本円のほかドルやユーロなどの10種類の主要通貨に対応し、端末を使って様々な電子マネーに交換できますが、国内で30箇所にしか端末が設置されていないのが欠点です。

エコペイズもポケットチェンジが対応可能な電子マネーに含まれているので、現金を投入しエコペイズをメニューで選択するだけです。
操作が完了したらQRコードが印刷されたレシートを使って、最終確認のページにアクセスしパスコードを入力すれば、直ちにエコペイズの残高に反映されます。
ポケットチェンジの端末がとても少なく、特定の地域でしか使えないことのほか、手数料がちょっと高めとなっていることがデメリットです。

エコバウチャーを使いプリペイド決済で入金

エコバウチャーを使いプリペイド決済で入金

エコバウチャーを使うことで、間接的にクレジットカードを使って入金することができます。
具体的には、Google PlayカードやiTunesカードを使ったスマホのプリペイド入金と同じシステムで、クレジットカードを使ってエコバウチャーを購入し、送られてきたコードを入力してエコペイズに入金するというものです。

この方法を使うことで、間接的ではありますがクレジットカードを使ったエコペイズへの入金が可能となります。
エコペイズに即日反映されるというメリットがありますが、為替手数料が意外と高くつくデメリットもあるので使用する際は考慮が必要です。

エコペイズへの入金にクレジットカードしか選択肢がない場合以外は、使わないほうがいいでしょう。

まとめ

クレジットカードが直接使えないエコペイズへの4つの入金方法を解説してきましたが、参考になったでしょうか?
オンラインギャンブルへの入金にクレジットカードが使えないのは、世界的な流れでエコペイズだけの問題ではありません。
エコペイズには、ローカル銀行入金、仮想通貨入金、ポケットチェンジ入金、さらにエコバウチャー入金と、クレジットカード以外にも豊富な選択肢が用意されています。

日本で一番おすすめなのは、やはり普段使っている銀行口座からのローカル銀行入金で、エコペイズ専用の三井住友銀行口座に送金するだけとなっています。
手数料も控え目な5%となっており、海外口座への入金時にかかる為替手数料も1.25~2.99%と平均的なレートです。
エコペイズへの反映も基本的に即日なので、入金したらすぐにオンラインカジノで遊べるのも大きなメリットです。

ネットカフェでネットカジノを遊ぶと違法で逮捕されるのか

インターネット環境さえ整っていれば、いつでも本場カジノのギャンブルを楽しめるネットカジノには、日本はもちろん世界中で星の数ほどのプレイヤーがいます。
ネットカジノが出始めた頃、まだパソコンでしかプレイできませんでしたが、最近ではスマホやタブレットなど、自由に持ち歩ける端末でもプレイ可能になりました。

つまりいつでもどこでも時間や場所関係なく、そこがギャンブルの場になります。
ではインターネットカフェでもネットカジノはプレイ可能なのでしょうか?違法にならないのか気になるところです。
そこで今回の記事では、インターネットカフェでネットカジノを遊ぶと違法で逮捕されるのかについて詳しく解説していきます。

インカジ店とインターネットカフェは全く違う店舗

インカジ店とインターネットカフェは全く違う店舗
インターネットカフェは、インターネットに繋がれたパソコンを使って、自由に世界中のサイトへアクセスできる場所を提供している店のことで、インカジ店とは似ても似つかぬものです。
そもそもインカジ店というのは、インターネットに繋がれたパソコンが置いてあるのは同じですが、そこでアクセスできるのはネットカジノのみです。

またネットカジノへの入金は、インカジ店従業員にお金を手渡して行い、勝利金を出金する際にも、直接お金を受け取ることができます。
つまり100%違法行為であり、「裏カジノ」とも呼ばれ、一昔前でしたら「10円ポーカー」や「1円ポーカー」と同じ違法店です。
このことからインターネットカフェとインカジ店は全く異なるものなのです。

インターネットカフェでネットカジノをプレイすると逮捕される?

インターネットカフェでもネットカジノにアクセスすることができますが、そこでプレイすること自体に違法性があるのか気になるところです。
これについては、違法でも合法でもなく、法的にグレーゾーンとなります。

ネットカジノに関する法律が存在しないため、違法性が問われることもありませんし、逆に法律で認められているわけでもありません。
以上のことから、インターネットカフェでネットカジノをプレイしても、基本的には違法ではありませのでご安心ください。
インターネットカフェでネットカジノをプレイすると逮捕される

状況によっては違法性が問われることも

前項で「インターネットカフェでネットカジノをプレイしても基本的な違法にならない」と書かせていただきましたが、あくまでも「基本的」です。
警察の解釈によっては、インターネットカフェも客もどちらも違法性が問われる可能性があります。
日本の法律上、賭博罪というのは胴元を摘発することを目的として作られており、賭博をする客よりも賭場を開いた胴元の方が罪は重くなっています。

つまり賭博における諸悪の根源は胴元であり、少しでも賭博開帳が疑われる場合には、警察による厳しい捜査と摘発が行われます。
つまりインターネットカフェでネットカジノをプレイすることで、「インターネットカフェは賭場を提供していると見なす」と判断される可能性も0では無いわけです。

過去にこれが原因でインターネットカフェが摘発されたり、プレイヤーが逮捕された事例はありませんが、解釈の仕方によってはその危険性もあります。
ネットカジノでのリスクを無くすためにも、インターネットカフェでネットカジノをプレイするのは避けた方が無難です。

インターネットカフェでネットカジノをプレイするその他のリスク

インターネットカフェでネットカジノをプレイするその他のリスク
ネットカジノをプレイする際、まず登録しているネットカジノへアクセスし、ログイン画面でユーザーIDとパスワードを入力する必要があります。
自宅のパソコンや、自分が所有するスマホ・タブレットでしたら問題ありませんが、もしインターネットカフェでこれら個人情報を入力することで、パソコンに履歴が記録されてしまいます。

プレイが終わったあとに履歴を消去すれば良いのですが、それを忘れて放置して店を出てしまったら大変です。
また履歴を消去しても、パソコンの内部的に残ってしまっていることもあります。
もしその情報が第三者に勝手にログインされてしまったら大変です。

出金できないとは言え、イタズラにネットカジノで遊ばれて、全ての資金を失ってしまうなんてことも起こりえます。
大切な個人情報なのですから、インターネットカフェのような公の場で無闇にログインするのは止めましょう。

まとめ

今回の記事では、インターネットカフェでネットカジノを遊ぶと違法で逮捕されるのか?について詳しく解説させていただきました。
インターネットカフェは、違法で営業しているインカジ店とは全く異なりますが、もしインターネットカフェでネットカジノにアクセスすることで、店側に迷惑をかけてしまう恐れがあります。

またインターネットカフェのパソコンにログイン情報が記録されることで、第三者から勝手にログインされ、大切なお金を失ってしまうかもしれません。
そもそもネットカジノというのは、法的にグレーゾーンなのですから、むやみやたらに公の場でアクセスしないことをおすすめします。
ネットカジノで遊ぶ時には、自宅のパソコン、もしくは自分が所有するスマホやタブレットを使うようにしましょう。

不正に厳しいから生まれるメリットまとめ

ベラジョンカジノは公平性や透明性を重視するオンラインカジノで、イカサマが持ち込めない仕組みになっています。
必ず勝てる裏技は存在せず、ベラジョンカジノ側がイカサマをすることもありえません。
プレイヤーがイカサマをしようとすればアカウント凍結などの厳しい措置がとられるほか、ベラジョンカジノ側もイカサマをすればライセンスが剥奪されるなど営業の根拠を失ってしまいます。

双方の信頼関係や悪質な行為を防ぐ仕組みがセットになっているからこそ、安心して遊べるようになっているのです。

オンラインカジノはイカサマに厳しい

オンラインカジノはイカサマに厳しい
オンラインカジノはイカサマに限らず、あらゆる不正に対して厳しい姿勢をとるのが一般的です。
理由は単純で、公平な賭けが楽しめないのであればオンラインカジノで遊ぶメリットがなくなるからです。
世界にはさまざまなギャンブルがあり、日本でも公営競技などを楽しむことができます。

イカサマや不正が簡単に入り込める状態であれば、他の賭け事をした方がマシという状況になります。
オンラインカジノは世界中の企業が参加できる市場でもあり、常に競争に晒されるのもポイントです。
ベラジョンカジノは、キュラソー政府の発行するオンラインライセンスを取得して営業しています。

政府機関の審査を受け、ラインセンスを取得している正規のオンラインカジノの一つです。
法的な根拠を持って運営されている企業で、ロンドン証券市場に上場している企業のグループに属しています。

不正防止策が何重にもほどこされた大手ゲームメーカーのカジノゲームを多数導入し、イカサマ自体が入り込まない仕組みづくりを行っています。
ライセンスや運営企業の確認が可能でもあり、ベラジョンカジノは信頼性の高いオンラインカジノの一つです。

構造上イカサマを持ち込むことができない

構造上イカサマを持ち込むことができない
ベラジョンカジノがイカサマを行えば、即違法な行為になる可能性があります。
オンラインカジノ業界は第三者機関が抜き打ちで調査を行うことや、調査結果を発表することが珍しくない業界でもあります。
イカサマが発覚すれば社会的な信頼性が失われるだけでなく、ライセンス剥奪などの厳しい罰則を受ける可能性が高いのがポイントです。

イカサマを行うメリットがなく、ベラジョンカジノ側が不正を行うことはありえません。
公正で公平なオンラインカジノの運営を続けた方が儲かるからです。
ベラジョンカジノがイカサマができなくても、プレイヤーがイカサマを持ち込めるのではと考える人もいます。

しかし、構造上プレイヤーがイカサマをすることもできません。
オンラインカジノのゲームは主にRNG(乱数発生器)でコントロールされています。
当たりが出る確率や還元率を設定することはできますが、それ以外の結果は全てランダムで誰にも読めないようになっています。

ベラジョンカジノ側もプレイヤー側も結果をコントロールすることが不可能で、意図的に結果を偏らせることはできないのです。
特定の手順をふむと当たりが出るといった裏技はなく、ゲームの提供前に徹底的に調べあげられるのもポイントです。
結果に偏りがあればゲーム自体が審査を通らず、ベラジョンカジノに置くことができなくなります。

ゲームを開発する会社側も不正が入らない高品質なゲームを作ることが当たり前になっています。
プレイヤーが必ず勝てる裏技や、イカサマの持ち込みはできない仕組みになっているのです。

公平性が保たれているからボーナスなどの還元策が充実している

公平性が保たれているからボーナスなどの還元策が充実している
ベラジョンカジノはイカサマだけでなく、不正防止のためにさまざまな対策を行っています。
会員登録時にSMSなどを使った電話認証が使われるのは、不正防止の一環です。
電話認証などを組み合わせれば、同じ人間が複数のアカウントを作り、ボーナスをたくさん受け取るといった行為も防げます。

ベラジョンカジノのボーナスは、出金につながる可能性がある使い勝手が良いものです。
そのため、複数の人が何度も受け取れるようにしてしまうと、真面目にオンラインカジノを遊んでいる人にとってマイナスになってしまいます。
オンラインカジノの公平性は一人が儲ける仕組みを作らずに、公平にチャンスを作ることで保たれています。

一人で複数のアカウントを持つこと自体が禁止されているため、お得に見えても絶対にやらないようにすることが大切です。
別な見方をすれば、不正を防げば一人一人の還元率を上げることができます。

ベラジョンカジノはユーザーに対する還元率が非常に高いオンラインカジノで、各種ボーナス制度が充実しています。
正規の方法でボーナスを取得し、うまく生かしていくのがおすすめです。

ベラジョンカジノはイカサマがない公平性の高いオンラインカジノ

ベラジョンカジノはキュラソー政府のライセンスを取得し、イカサマや不正を持ち込めないようにさまざまな取り組みを行っています。
運営元企業がロンドン市場に上場しているグループに所属していることもあり、社会的な信用が高いのも特徴です。

イカサマや不正に手を出せば、得られる金額よりも不利益が勝る可能性が非常に高いのです。
各種ボーナスが充実しているのも特徴になっていて、信頼性が高いだけでなく、お得なオンラインカジノの一つになっています。

オンラインカジノは詐欺が行われにくい厳格なライセンス制度

オンラインカジノは詐欺が行われにくい厳格なライセンス制度
オンラインカジノというとネット、賭博というイメージからイカサマが横行しているという印象を持っている方も少なくありません。
しかし、実際は国家や自治体が定めた厳格なライセンスによってそういったものが行われないようになっているのです。
加えて、ゲーム自体にも自主規制を行うべく第三者機関の認証を受けて、イカサマが出ないようにしています。

そんなクリーンな面について説明していきましょう。
もちろん、そんな中でも注意すべき点、詐欺と思えるような点もあるため、そういった面にも触れていきます。

オンラインカジノの営業を認可するライセンス

オンラインカジノは、どこでも無許可で営業できる。
ネット社会の自由度の高さから、このようなイメージを持っている方がとても多いのは残念ながら事実です。

しかし、オンラインカジノを営業するためには、政府や自治体の発行するライセンスが必要であり、ライセンスを持たずに営業をしているのは詐欺とみて良いでしょう。
代表的なものとしてマルタ共和国、キュラソー、ジブラルタル、これ以外にもフィリピンや自治体のマン島、カナダのカワナケと言ったところで発行されたものがあります。
マルタ共和国は地中海の島国です。

この国で発行されたライセンスは、厳しい基準を受けているものが多く、日本のユーザーが利用する大手のオンラインカジノなどが認証を受けています。
ライセンス維持費が高いため、ある程度の資本がないとライセンスを維持できないという点も信頼できる証です。
オンラインカジノの営業を認可するライセンス
キュラソーは中米のカリブ海に浮かぶオランダの自治政府になります。
こちらは政府が認定するマスターライセンスホルダーと呼ばれる組織が認定を行い、直接自治政府が発行する形ではありません。
そういた形式をとっているので、ライセンスの厳しさは若干緩いといわれています。
その分、斬新なアイデアを持った新興のオンラインカジノも認証されやすいので、意外と魅力的なオンラインカジノが認証されています。

ジブラルタルは、地中海と大西洋を結ぶ入口の部分であり、イギリスの飛び地です。
ここでは自治政府が置かれており、母体の企業に実績がないとライセンスが発行されません。
そのため、このライセンスを持っているオンラインカジノもかなり信頼性が高いといえます。

このほか、日本人ユーザーがあまり目にしないライセンスもあり、実際のカジノで高い実績があるフィリピンが発行するライセンスやイギリスとフランスの間に浮かぶイギリス王室属領のマン島が発行するライセンス(世界一厳しい)が有名です。
また、ネイティブアメリカンが運営する自治区カワナケが発行するライセンスがあります。
日本人ユーザーがあまり見る機会はないもののイギリス本国が発行するライセンスもあり、これはイギリスのオンラインカジノが認証を受けているライセンスです。

このように様々な国や自治体が、オンラインカジノの健全な運営に対してライセンス発行という形で目を光らせています。

イカサマが出ないようにするための第三者機関

イカサマが出ないようにするための第三者機関
オンラインカジノの運営自体はライセンスという形で詐欺やイカサマが行われにくい体制が取られています。
しかし、ゲーム自体までは公平性が保たれているか審査するには技術的な問題もあって困難です。
そんなゲームに対するイカサマが起きないようにゲームの製造会社に対して第三者機関が認証を行っています。
具体的な組織としては、eCOGRA、TSTが有名です。

eCOGRA (イーコグラ/eCommerce and Online Gaming Regulation and Assurance)は2003年にイギリスで設立された審査機関で、ゲーム内容はもちろんのこと運営体制など、ライセンス発行を行う行政のような審査も行います。

そしてサイトで結果を公表している透明性の高い審査機関でもあります。
TST (テクニカルシステムズテスティング/Technical Systems Testing)は1993年に設立されたゲームに関する様々な審査を行う機関です。

この機関が審査するものは、主にゲーム内容ですが特化しているだけあり、非常に細かな点まで審査を行います。
このようにライセンスが行き届かない場所に対してもこういった審査が行われており、安心してプレイできる環境の整備がされているのです。

システムはクリーンでも注意すべき詐欺に近いトラブル

ライセンスや第三者機関の審査をクリアして、晴れてオンラインカジノを開場できるというのが現在のトレンドです。
しかし、そんな中でも詐欺に近いトラブルに遭うことが珍しくありません。
それは主に出金に関するものです。

出金トラブルの代表として、出金上限が非常に低くなっている場合があります。
そのため、一度に大勝してもすぐには全額出金できず、しかもセキュリティという名目で、出金完了するまで次の出金が行えないというものもあるのです。
現在は、ほとんどありませんが、出金自体できないという詐欺的なものもありました。
このようなトラブルもあるので、出金上限の確認や一日に出金できる金額などをチェックしておくことも重要です。

ボーナスを受け取ると出金条件が非常に厳しくなるケースもあります。
ボーナスを全て消費しないと出金できないというものです。
これは、意外と現在も目にすることがある詐欺に近いトラブルと言えます。
喜んでボーナスを受け続けたら、出金が実質不能になってしまうということもあるため、ボーナスの取得条件は厳しくチェックしておきましょう。

出金条件をきちんと確認すればクリーンな娯楽

オンラインカジノは、行政(またはそれに準ずる組織)が発行するライセンスと第三者機関による審査を受けて運営が行われています。
そのため、システム自体はとてもクリーンで、イカサマや詐欺が行われにくい環境でもあります。
ただ、出金条件に制限がついていたり、出金が難しいケースがあるので、プレイする前に出金の条件をしっかり確認しておきましょう。

便利に稼げるオンライン専門ギャンブル

ランドカジノと言えば、やはりラスベガスやマカオのカジノが浮かんで来るでしょう。
まぶしいくらいのランドカジノの中で、ルーレットやスロットでコインを賭けて配当金を稼ぐ醍醐味を知ると、もう他のギャンブルには、つまらなくなってしまうのではないかと思います。

カジノの豪華な空気を忘れることができない人は、わざわざ海外までランドカジノに行かなくても、楽しめる手段があります。
それはオンラインカジノというネット時代らしい新たなギャンブルです。

オンラインカジノの存在

オンラインカジノの存在

オンラインカジノとは、インターネットを利用しながらバーチャルの世界に展開されている仮想的なカジノ場てカジノの本格派ゲームで賭ける・稼ぐというギャンブル特有の楽しみ方を提供しているネット型ギャンブルゲームの数々です。

現在、流行っているネット対戦ゲームやソーシャルゲームのようなテイストを持ちつつ、実際にお金を賭けて予想が当たると配当金をもらえるの仕組みとなっています。
その為に本場のカジノと同じような感覚で、ギャンブルの世界に溶け込むことができます。

オンラインカジノでは、ランドカジノでできるスロット・ルーレットを始め、ブラックジャック・バカラ・ポーカーといったカードゲームがネット上で公開されています。
若い人達が夢中になっているネットゲームは、ステージクリアでポイントを稼ぐことに楽しみを見つけていますが、オンラインカジノはリアルにお金を賭けていきます。
電子マネー・クレジット決済でチップ・コインを購入してから、ルーレットやブラックジャック・スロットなどのゲームで、ベットしていくことになります。

ルーレットが高速で回っている間に、どの数字やポケットにボールが入るかを予想して、チップをルーレットテーブルに記された数字やマークを置いてベットします。
これが当たると何倍もの配当金を稼ぐことができますし、カードゲームであれば、ディーラーと直接対決ができるので、地道な勝ち方でチップを増やしていくことも、ネットゲームでは感じることができない魅力となります。

オンラインカジノの魅力

オンラインカジノの魅力

オンラインカジノにおいて、ビッグな配当金を手にするチャンスがあることに魅力を感じているプレイヤーがたくさんいます。
パソコンだけでなく、スマホ・タブレットからでも参加することができるので、手軽に賭けられることがプレイヤーの心を引き留めています。
そのおかげで、休日にじっくりと構えてカジノにトライしなくても、スマホで暇な時間を利用してギャンブルに当てるだけで、すぐにゲームに入って行けます。
インターネットにつながる環境があれば、場所や時間に縛られることなく、自分の好きな時にスマホ・タブレットからのオンラインカジノのゲームにエントリーすることができるのです。

オンラインカジノで稼ごうと思ったなら、思い立った時がジャストタイミングと言えるでしょう。
最近のオンラインカジノのトレンドとしては、リアルな臨場感でゲームに参加できるライブカジノが人気を集めています。

今まででも、高精細のコンピューターグラフィックのビデオゲームに人気がありましたが、さらにライブカメラを応用してリアルタイム配信のライブ映像で、新境地を開いたオンラインカジノ。
配信動画を見ていると、ルーレット盤の動きがよく見えてルーレットテーブルにチップを自分で置いていく光景は、まさにカジノの女王と呼ばれるルーレットにどっぷりと浸っている感じになるはずです。

カードゲームでも、ブラックジャックのようにライブカメラからディーラーの表情をつぶさに観察できるので、どのような一手が取るべきかを考えることも、その場で勝負の駆け引きをしている感覚になれます。
このような疑似体験を通してベットしていく手応え感が味わえることで、オンラインカジノの魅力の奥深さを知ることになっていくのです。

また、スロットマシンでは、数億円の超特大の配当金を稼げるジャックポットも多くの人の関心を集めています。
ジャックポットに当たると、最大数億円の配当金を手にすることも可能で、日本人の中でも何気なくスロットにベットしていて、いきなり数千万円のジャックポットを引き当てた人が何人も出て来ています。
過去には最高額4億円の配当金が出ていることから、夢物語とは言えないビックな魅力を秘めています。

オンラインカジノと他ギャンブルとは何が違うか?

オンラインカジノと他ギャンブルとは何が違うか?

ギャンブルには、オンラインカジノだけでなく、昔から競馬・競輪・競艇・宝くじなどのギャンブルがありました。
最近では、スポーツ振興くじもありますが、オンラインカジノとは異なり、インターネットを活用して参加できるかどうかが大きな違いでしょう。

競馬も馬券をネットで購入することができるようになっていますし、スポーツ振興くじもネット購入ができるようになっています。
しかし、競馬はレースが始まらないとギャンブルが成立しませんし、スポーツ進行くじもリアルタイムな楽しみ方とは程遠い感覚なので、マイペースで楽しむこととはちょっと違います。
その点オンラインカジノは、世界中に何処かのサイトで行われていますので、24時間操業で自分の好きな時間でエントリーすることができます。
この点が従来のギャンブルと大きな違いとなります。

また、スマホ・タブレットでゲームに参加できるために、通勤中の電車・バスに乗っている間や、朝活カフェでも賭けることができます。
そのために自分のペースで配当金を稼ぐチャンスが何時でも身近に存在している点も相違点と1つとなるでしょう。
今からゲームにエントリーしてみることを思った時に、その場で賭けて配当金を稼ぐチャンスが常に身近な所にあることがオンラインカジノと他ギャンブルの大きな違いと言えるでしょう。

オンラインギャンブルと法規制

オンラインギャンブルと法規制

場所を気にせずできるオンラインゲームは、若い人だけでなくインターネットを普通に使っている人であれば、誰でも簡単にプレイすることができます。
今ではパソコンを使わずにスマホでWEBにアクセスして、場所や時間を気にせずに簡単にできるので電車の中を見渡してみると、実に多くの人が興じていることに改めて驚かされてしまいます。

でも、それはオンラインゲームだけではありません。
ギャンブルもスマホでできるのですから、さらに驚きが増していくのではないでしょうか?

オンラインカジノの魅力

「インターネットでギャンブルができる?」
スマホでできるギャンブルとなると、競馬でスマホで馬券を購入したり、スポーツくじや宝くじをネット購入することだけを言っているのではありません。
何ともゴージャスなギャンブルのカジノのゲームがインターネットを使って楽しめるのです。

しかも単なるトランプゲームやスロットを回すだけでなく、実際にお金を賭けて、ゲームに勝てば、配当金がもらえるのです。
それも半端な金額ではありません。
スロットマシンでは、数千万円ものジャックポット(大当り)をヒットさせてもらうことができるのですから、単なるオンライン型ゲームではなく、本格的なカジノなのです。

海外で開かれているカジノ場が、インターネットのバーチャル空間で実現されているので、ブラックジャックやポーカー、バカラのようなカードゲームでじっくりとディーラーとのゲームの駆け引きを楽しむことができますし、軽快なゲーム進行を味わいたいのであれば、スロットでコインを賭けて配当金を狙えます。

他ギャンブルと違う点は?

他ギャンブルと違う点は?

私達の身近なギャンブルと言うと、前出の競馬や宝くじの他にパチンコ等もあります。
しかし、今までのギャンブルと違う点はインターネット経由で本格的なカジノゲームで楽しみながら、お金をかけるギャンブルがいつでも何処からでも、すぐにできるということでしょう。

しかも、ゲームのコンテンツ数は数百種類もあっても、カードゲームやルーレット、スロットの基本的なルールさえ理解しておけば、ゲーム選択で頭を悩ますこともありませんので、毎日違うゲームで賭ける楽しみを満喫できます。

キャッシュフローとペイアウト

お金はインターネットなので、実際の現金を賭けるわけではありません。
コンビニでオンラインカジノに入金したり、電子マネー、クレジット決済、中にはビットコインで賭けるお金を入金することもできます。
しかし、他ギャンブルと異なる点として、キャッシュフローのことが挙げられるでしょう。

キャッシュフローとは、入金したお金に対する配当金の戻りのことで、配当金が多い程、次のゲームに投じる資金に余裕が生まれることになります。
しかし、オンラインカジノはインターネット上で運営されていることや、海外サイトであることもあり、配当金をすぐに現金化させるには、煩雑な手続きや時間がかかることが難点だと言われています。

とはいえ、インターネットでは、エコペイズやアイウォレットといったような入集金の決済システムがあるので、これらの仕組みとオンラインカジノお組み合わせて運用することで、ゲットした配当金をATMからでも引き出すことが短時間にできるようになります。
そのためにオンラインカジノ特有のキャッシュフローの問題はクリアさせることができるでしょう。

その一方でペイアウト率が他ギャンブルと比べて高いことも特徴的です。
ペイアウト率とは、賭け金総額に対する配当金額の比率のことで、この率が高い程、プレイヤーが稼げるということを意味しています。
今までの競馬や競輪のペイアウト率は80%程度を言われていますが、オンラインカジノでは95%程度で推移しています。
しかも、この率はあくまで各カジノゲームの平均値なので、ゲームによっては限りなく100%に近いものをあります。

ブラックジャックは99%から限りなく100%に近いレベルにあると言われていますので、いかにオンラインカジノが有利であるかがお分かりいただけるのではないでしょうか。
ちなみにパチンコは60%程度なので、非常に効率の悪いギャンブルと言えるのかもしれません。

日本でのオンラインカジノの法的な理解

日本でのオンラインカジノの法的な理解

これだけ様々な魅力があるオンラインカジノは、今からでもすぐにスマホでアクセスしてエントリーできるですが、ここで心配になる人もいるかもしれません、
それは日本での法的な位置付けがどのようになっているかということです。

日本で法的に認められている賭博は、競馬や競輪、宝くじなどの公営ギャンブルです。
それ以外は全て禁止されており賭博罪の対象となっているので、オンラインカジノのその対象になるのではと心配する向きもあるはずです。

しかし、オンラインカジノの場合は、海外でカジノサイトが公開されているので、その心配なく日本からアクセスしても、国内での賭博行為とはみなされないのです。
その結果、オンラインカジノは違法とは断定されていません。
但し、合法的な法律が整備されているわけでもないので、厳密にいえば、グレーゾーンに位置するギャンブルがオンラインカジノなのです。
しかし、現実は何も心配することなくプレイできるので、さしたる問題ではありません。

改善が急がれる様々なウィークポイント

オンラインカジノとギャンブル依存症とは?

オンラインカジノとギャンブル依存症とは?

オンラインカジノの問題点として、ギャンブル依存症があります。
こちらの「ギャンブル依存症」とは、行為・過程アディクションの一種です。
ギャンブルの行為や過程に必要以上に熱中し、のめり込んでしまう症状となっていて、一つの病気です。

最近の調査によると、現在日本でギャンブル依存の疑いがある人の数は直近1年間で約54万人と推定されています。
このように近年ではパチンコを主体としたギャンブル依存症が日本でも表面化してきており、精神疾患として知られるようになりました。

一方でオンラインカジノの場合は公営ギャンブルではないため、これらのデータには含まれていないものの、オンラインカジノの多様化で年々そのプレイヤー数が増えていることは確かとなっています。
オンラインカジノの掲示板では、借金をしてまでオンラインカジノで取り返そうとするような書き込みを見かけることもあるため、実際にはオンラインカジノに依存しているプレイヤーはかなりの数になるのではないかと考えられています。

オンラインカジノはパチンコ等の公営ギャンブルより依存度が高いといわれており、これには理由があります。
まず、大きな違いの一つとしてはオンラインカジノは、勝つ時と負ける時の「リターン」の差がより激しいという点があります。
某大企業の御曹司が、バカラで数百億円をつぎ込んでしまったように、勝ったときには数億円を得ることが出来る場合もあります。
また、その逆ももちろんあり、一気に数百万円を失ってしまうこともあります。
このように、勝ち負けのリターンが大きいこともあって、オンラインカジノは依存しやすいゲーム性となっているのです。

また、オンラインカジノは、絶対に勝てるというような副業のように紹介されていることも多いです。
必勝法や、副業の一つとして紹介されることも増えていますので、軽い気持ちで手を出してしまう若者も増えています。
このような事情でオンラインカジノは依存症に陥りやすく、社会問題となっています。

オンラインカジノと法律的な曖昧さ

オンラインカジノと法律的な曖昧さ

オンラインカジノは法律で合法と認められているというわけではありません。
もちろん、法律で禁止されているというわけではなくオンラインカジノは法律的には非常に曖昧な存在となっています。
さらに、オンラインカジノは海外で運営されているということもあり、これがさらに曖昧な状態を作り出しています。

オンラインカジノは海外において合法的に運営されていますので、日本人が海外旅行先でカジノで遊んでも問題がないように、罪に問うことができません。
しかし、一方でオンラインカジノは日本国内では法律で認められているというわけではありません。

2016年には初めてオンラインカジノの逮捕者が出ました。
しかし、結果的に略式起訴を受け入れなかったプレイヤーが争う姿勢を見せたところ、一転して不起訴処分となりました。

オンラインカジノの法律的な曖昧さは問題視されており、グレーゾーン的な位置づけとなっています。
オンラインカジノについては、このように一度不起訴処分となっていることもあり、再び検察が同じように摘発する可能性は極めて低いのですが、掲示板で目立つ書き込みをしたりすることは避けておくほうが良いでしょう。

オンラインカジノとカジノカフェの問題

オンラインカジノを店内で違法に提供しているカジノカフェの摘発が相次いでいます。
これは、グレーゾーン的な位置づけであるオンラインカジノを店内で提供しているという完全な違法な営業形態です。

オンラインカジノとカジノカフェの問題

オンラインカジノそのものは海外で運営をしているので違法とは言い難いのですが、お店で提供をして且つ店内で精算をしているため、賭博罪に該当することになります。
実際にカジノカフェは全国で摘発が続いており、2006年には京都のカジノカフェと経営者が摘発される流れになりました。
実際このようなカジノカフェは、暴力団の資金源になっているといわれています。

オンラインカジノをこのように違法に提供するカジノカフェの存在は社会問題となっています。
カジノカフェは、看板を出さずにひっそりと営業されていて、キャッチなどで呼び込みを行っています。
何も知らずについていき、気軽に遊ぶ若者も増えていますので、くれぐれも注意をしなければなりません。

オンラインカジノとカジノ法案の成立

オンラインカジノについては、カジノ法案が成立したことにより、正式に解禁されるのではないかと考えられてきました。
しかし、オンラインカジノについてはこちらのカジノ法案でも明記されていません。

日本でオンラインカジノを運営することは禁止とされていますが、現在の海外のオンラインカジノを日本からアクセスして遊ぶケースについてはなんら法律でも明記されていない状態です。
その為、従来通りグレーゾーン的な位置づけが続いていくのではと考えられています。

攻略法が使い放題のゲームスタイル

オンラインカジノのライブゲームとは?

オンラインカジノのライブゲームとは?

オンラインカジノのライブゲームは、その名前の通り、オンラインカジノのさまざまなゲームをライブ中継で楽しむことが出来るというゲームの仕組みのことです。
ライブゲームは、主にプレイテック社のオンラインカジノなどで用意されていて、非常に楽しいゲームです。

通常、オンラインカジノのゲームというものは、コンピューターグラフィックなので機械が相手となりますが、ライブゲームの場合には、生身のディーラーが相手となります。
本物のトランプやルーレットを使いますので、スリルのあるゲームが楽しめます。

そこで、オンラインカジノのライブゲームについて詳しい内容を見ていきましょう。

オンラインカジノのライブゲームの概要と特徴

オンラインカジノのライブゲームは、非常に人気があります。
ライブゲームは、コンピュータグラフィックが相手の一般的なゲームとは違い、ライブで生中継で繋がりながら、遊べるゲームとなっています。
従って、本物のルーレットで玉が落ちる様子を眺めたり、他のプレイヤーの様子を見ながら、ゲームを楽しめるという特徴があります。
普段コンピュータ相手のゲームは物足りないと感じている場合には、まるで本場のカジノにいるかのように思えてくるのが魅力です。

ライブカジノには主にブラックジャックやルーレット、バカラなどのゲームが揃っていて、空いているテーブルを選び、プレイが可能となっています。
賭けることが出来る金額ですが、大体1~100ドル、3~300ドル、5~500ドルと、普段そのプレイヤーが賭けている金額に設定されていることがほとんどです。
センターは主にフィリピンに存在していて、そちらに繋がることでゲームができます。

その他にも、ディーラーとは文字チャットをすることができたり、チップをあげたりと、さまざまな交流をすることが出来るというのもライブゲームの特徴です。

ライブゲームは、普段からカジノの雰囲気を楽しみたいという方や、海外旅行先でのカジノをもう一度楽しんでみたいという方、非日常感を味わいたい方や、他のプレイヤーの様子を見たい方、またカウンティングや絞りなどの手法を用いて、手堅く勝ちたいという方におすすめとなっています。

ライブゲームの基本的な流れについて

ライブゲームの基本的な流れについて

ライブゲームの基本的な流れをまずは知っておきましょう。
ライブゲームは、非常にシンプルな遊び方ができます。

まずは、リアルモードに登録をする必要があります。
ライブゲームが搭載されているオンラインカジノを選びましょう。
ライブゲームは、主にプレイテック系のカジノで用意されており、ジパングカジノなどが大手のカジノとして知られています。

登録をすることができたら、次にルーレットやバカラ、ブラックジャックが遊べますので、どのゲームで遊びたいのかを選ぶようにしましょう。
そして、次に空いているテーブルを選びます。
人気のブラックジャックなどは、テーブルが混み合っていることもありますので、空いているところを選びましょう。

テーブルにログインをすると、ディーラーが画像で見えるようになります。
その後さっそく賭けることも出来るのですが、この時点でゲームがまだ途中の段階の場合には、そのゲームが終わってからでないとチップを賭けることができません。
チップを時間ギリギリに置いても、エラーとなってしまうこともあります。
まずは、タイミングを待ちましょう。

チップを賭けることが出来るようになってからチップを賭けます。
自分のベットエリアがありますので、チップを選び賭けていくことになります。
クリックした回数分、チップが上積みされていきます。

チップを置くことができれば、次に賭け金の確認をします。
賭け金の確認をする前なら、まだキャンセルが出来るので、よく考えてから確認をするようにしましょう。
これはクリックをするだけです。

ルーレットの場合には、いろんな場所に賭けることもあり、時間が足りないこともあるので、余裕を持って行いましょう。
その他にも、ライブゲームでは、ディーラーにチップを渡したり、ベットをせずに他のプレイヤーの様子を見ることもできす。
どのようなカードが出ているのか様子を見ることで、次のゲームに有利になることもあります。
また、テーブルから退出するときには退出する、終了するなどのボタンを押して、退出するようにしましょう。

ライブゲームの種類や攻略法

ライブゲームには、主にブラックジャック、バカラ、ルーレットなどがあります。

ブラックジャックなら、主に本格的なカウンティングが使えます
低ハウスエッジのゲームですが、更に勝率を上げることも出来るのです。

ライブゲームの種類や攻略法

また、バカラに関しても絞りが使えたり、ゲームを盛り上げることができます。
ルーレットの場合も、出た数字のメモを取り統計を出すことも出来るので、オンラインカジノのライブゲームは、実はランドカジノよりも、堂々と攻略法が使えるのです。

オンラインカジノは遊び方が大事

オンラインカジノを実際にやってみよう

オンラインカジノでプレイをすることを考えているという方も多いのではないでしょうか。

オンラインカジノを実際にやってみよう

オンラインカジノは、いつでもどこでも遊べるという手軽さがあり、これは他のギャンブルにはないメリットです。
オンラインカジノは、営業時間を気にして動いたりする必要がありませんし、行列に並んだり、パチンコのように混雑時に空いている席を探したりする必要がないのです。

オンラインカジノなら、インターネット環境さえあれば、たとえば電車での通勤中だったり、家でのリラックスタイムにプレイをすることが可能です。
いつでもプレイをすることができて、忙しければいつでも中断をすることができます。
また、賭け金も自分で設定できますので、無理のない範囲で遊ぶことができます。

このように、インターネット上で自由に楽しめるギャンブルの世界を一度体験してみてはいかがでしょうか。

オンラインカジノは他のギャンブルよりも勝ちやすい?

オンラインカジノは、他のギャンブルよりも勝ちやすいのではないかと噂されています。

オンラインカジノは実際にペイアウト率が高く、これは運営側がプレイヤー側へと支払う率が高いということになります。
オンラインカジノは、パチンコやスロットとは違い、実店舗を持っていないという特性があります。
従って手数料なども低く抑えることができますし、人件費を大きく減らすことができます。
それを抑えた分などをプレイヤーへと回すことができるということもあり、ペイアウト率が高く保てるのです。

オンラインカジノは他のギャンブルよりも勝ちやすい?

しかし、オンラインカジノが常に勝ちやすいのかというと、このペイアウト率は全体のペイアウト率であり、個人のペイアウト率ではありません。
このため、時には負け続けてしまうこともありますし、常に勝てるというわけではないので、気をつけましょう。

あくまでもギャンブルというのは、運営側が儲かることができるようになっていて、オンラインカジノについても同じです。
オンラインカジノのハウスエッジは3~5%と常に低くなっていて、プレイヤー側がマイナスになるということはありません。
他のギャンブルよりも期待値は高いのですが、オンラインカジノは確実に勝てるという風に思い込まないようにするようにしましょう。

オンラインカジノは勝率の操作などされていない?

オンラインカジノでプレイをする際に、勝率が操作されていないか心配という方は多いのではないでしょうか。
オンラインカジノは顔が見えないギャンブルというだけあり勝率が操作されているのではないかだとか、不安がある方もいるようです。

しかし、この疑問についても、オンラインカジノのライセンスや外部の監査機関からの認定マークを受けているかどうか、さらにゲームのソフトウェアをチェックすることによって、公平性は確かになります。
特にオンラインカジノでのソフトウェアはゲームの根幹になるもので、セキュリティが脆弱でないかどうかを確かめておく必要があります。
オンラインカジノのソフトウェアとして知名度が高く、信頼性が高いということで有名なのが、「マイクロゲーミング」「ネットエント」「プレイテック」などです。
これらのソフトウェア会社は、乱数発生プログラムによって、公平性が保たれていますので、プレイヤーがゲームをしたとしても完全にランダムになっています。

オンラインカジノで公平に遊びたいという場合には、ライセンス、そして外部の監査機関からの監査はもちろんですが、大手のソフトウェア会社を選ぶようにしましょう。

オンラインカジノの法律的なことは実際どうなの?

オンラインカジノの法律的なことは実際どうなの?

オンラインカジノは法律的に実際大丈夫なのかと不安を抱えている人も多いのではないでしょうか。
しかし、実際のところオンラインカジノは、国内で営業されている違法なカジノ、そしてインカジなどの違法カジノを除き摘発される可能性は極めて低いです。

オンラインカジノは、海外の運営会社が合法な国で許可を得た上で運営をしていますので、それそのものは違法ではありません。
更には日本の法律だけで、これを処罰することはできません。

また、オンラインカジノは法律で完全に違法とされているわけではなく、合法とも言えないですが、違法と明記されているわけでもありません。
法律のグレーゾーンという言葉がありますが、オンラインカジノは、まさにその状態なのです。

一度オンラインカジノをプレイしていたプレイヤーが摘発されたという事件がありましたが、最終的には不起訴処分を勝ち取っており、有罪になってしまったという例は一つもありません。
従ってオンラインカジノでプレイをする際に、それほど神経質になる必要はないでしょう。
しかし、あまりにも目立つ行動をしたり、SNSなどで発信することは避けておくことが望ましいです。

また、同じオンラインカジノでもインカジは完全に違法です。
これは国内で営業されているので違法ですし、逮捕されてしまう可能性が高いので注意をしましょう。

推薦できる理由と始め方

ペイアウトとオンラインカジノ

ペイアウトをご存知でしょうか?
還元率ともよばれているものであり、ギャンブルを比較する場合に利用されます。

ペイアウトとは?

ペイアウトとは?

ギャンブルを楽しむ上で、ペイアウトを知ることが重要です。
還元率とされるものであり、賭けに投じた金額に対する期待値となります。

たとえば、競馬を例に挙げましょう。
ペイアウトは80%程度とされます。
これが表しているのは、10000円を投じたら8000円のリターンが期待されるということです。
この数値をどうみるかは個人に委ねられますが、初心者が安易に手を出すのは危険でしょう。
なるべく期待値の高いギャンブルを選びたいものです。

そこでオススメなのがオンラインカジノとなります。
つぎの項目でペイアウトを交えて検証しましょう。

オンラインカジノのメリット

世界中のギャンブラーがオンラインカジノを楽しんでいます。
大きな理由となるのが、ペイアウトの高さにあるのでしょう。
その数値は97%以上であり、ほかのギャンブルと比較して驚異的とされます。

しかも、オンラインカジノで用意されているゲームには、攻略法や基本戦略が確立しており、これらを正確に実践すればさらなる数値アップを期待できます。
これからギャンブルを始めたいと考えるならば、オンラインカジノを選ぶべきでしょう。

手軽に楽しめるオンラインカジノ

オンラインカジノの勝ちやすさは理解できたでしょうか?
紹介したいのは、さらにメリットがある点です。
それは手軽さであり、インターネット環境さえ整っていれば365日24時間楽しめます。
少しのスキマ時間を有効に利用できますから、これほど便利なギャンブルはほかにありません。

手軽に楽しめるオンラインカジノ

また、オンラインカジノではプロモーションボーナスが用意されています
初回の入金を済ませただけで、申請によって付与されるのです。
軍資金をあっという間に増やせますから、有利にギャンブルを楽しめます。
ペイアウトが高いだけでも有利なのに、ボーナスの活用でさらに勝ちやすくなるのです。
おもいきった勝負で一獲千金を狙ってみませんか?

オンラインカジノの注意点

ギャンブル全般に共通するのですが、ゲームに熱中し過ぎてご自分を見失わないようにしてください。
とくに、オンラインカジノは勝負の波に左右されやすい側面を有しています。
ご自分の状態を冷静に判断しましょう。

ギャンブル運が不利な状況にあると判断したら、プレイをストップさせる勇気が必要です。
勝ち続けているギャンブラーは、勝負の波を常に客観視しています。
これらを理解して、安全にオンラインカジノを楽しみましょう。

オンラインカジノのはじめかた

基本的なオンラインカジノのスタート方法をレクチャーしましょう。

オンラインカジノのはじめかた

オンラインカジノはインターネットを利用したギャンブルです。
当然ながら、決済方法もインターネットの利用が便利であり、事前にインターネットバンキングを開設しておくことがセオリーとなります。
この場合に推奨されるのは大手銀行であり、その理由として外貨のまま預貯金を可能とする点が挙げられているのです。
この点をしっかりと理解しましょう。

資金準備について

オンラインカジノはギャンブルですから、軍資金をしっかりと準備する必要があります。
いくら用意したらよいのか、初心者にとってはまったく見当がつかないかもしれません。
ある程度ベテランのオンラインカジノギャンブラーから聞かれる意見として、10万円程度からスタートできるとする声が多くよせられました。
参考にしてはいかがでしょうか?

オンラインカジノでは、多くのサイトでプロモーションとして初回入金に対するボーナスが用意されており、これを利用すれば10万円程度の準備であっても、それなりの軍資金とすることができます。
それぞれのカジノサイトによって、プロモーションの差がありますから、事前に情報を収集しておきましょう。

決済手段の準備について

カジノゲームをプレイするためには、入金を済ませなければなりません。
海外の運営業者への入金は、慣れないとスピーディーにおこなえないでしょう。
もっとも簡単な方法として、クレジットカードの利用が推奨されています。
国際ブランドのクレジットカードであれば、ほとんどのカジノサイトで利用が可能です。
具体的にはVISAおよびMASTER系とされており、これらを所有していれば多くのカジノサイトで問題なく入金できるはずです。

決済手段の準備について

ただし、クレジットカードは入金に利用できても、出金には使えません。
いずれ勝ち金などの出金が必要となるはずです。
その際には、電子決済サービスの利用が推奨されています。
長期的にオンラインカジノをプレイするのであれば、電子決済サービスへの口座開設をいそぎましょう。

サポート体制について

オンラインカジノの選考基準として、サポート体制の充実ぶりは大切です。
日本語対応が完備されていれば、小さなトラブルを瞬時に解決できるのではないでしょうか?

サポート対応時間もしっかりと確認しておきましょう。
運営基盤がぜい弱なカジノサイトの場合には、対応時間の制約が大きく、日本語化されていても使い物にならない場合が報告されていますので、十分に注意してください。